包茎も3種類に分類することが出来ます

真性包茎
男性器の亀頭部に常に包皮が被っている状態か、または亀頭と包皮が癒着しているために平常時だとしても包皮をめくることが出来ない包茎は一般的に真性包茎と呼ばれています。
亀頭が包皮に常に覆われているために亀頭の成長が阻害され、亀頭が小さいままのいわゆる先細りのペニスになりやすくなり、衛生面の問題として恥垢が溜まりやすく性器が悪臭を放ちやすくなり、細菌にとっての環境を整えてしまうことにつながります。これらは病の要因となりやすく、治療の対象として代表的な症状です。

仮性包茎
平常時は包皮が亀頭を覆っていますが勃起時は亀頭が露出する。そうでなくとも手でめくれば亀頭を露出することができる状態。ごく軽い症状で日常生活にも支障をきたさない程度のものから、真性包茎の一歩手前くらいのものまでさまざまな、もっとも多い包茎の種類といえます。勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎であれば、治療の必要も生じますが、軽度であれば必ずしも手術する必要はないというのが ここ近年では多く聞かれるようになりました。
コンプレックスの解消、性交渉時の不都合、、悪臭などの症状の改善、包茎が要因と考えられる感染症など衛生面に問題を感じている場合はクリニックの受診をお勧めします。
いずれにしても自分自身で判断することがむずかしいので専門家の診断を仰ぐことが賢明です。

カントン包茎
先天的に包皮口が狭く平常時、勃起時いずれの場合も痛みを伴うなどの不都合が生じやすいことが特徴です。幼少期ではわからなかったものが成長期、思春期の性器の
成長に伴いこのような状態に気が付くことになりますが、恥ずかしさなどから知らず知らずのうちに重篤化してしまうことがあります。
特徴としては、平常時には亀頭が小さいためにどうにか露出させることができますが、無理に亀頭を露出させた状態で勃起すると、皮を長時間無理に捲った結果、痛くて元に戻せない場合があるばかりか、場合によっては血管やリンパ管が狭い包皮輪に絞扼されて循環障害などの症状を起こしやすくなります。
重度になると反転した包皮が浮腫状に腫脹したり、亀頭は赤紫色に腫れるなど、その部分で皮膚が炎症を起こして激しい痛みを伴うことがあり、包皮に亀裂を生じる場合もあります。
成長期にこのような兆候が見られるようでしたら早めの治療が大事です。


追記
日本人の仮性包茎率は5?6割と言われています。なので言い換えれば10人中5、6人は仮性包茎とも言えます。
しかし実は世界基準で見ても6割の人は包茎だということが分かっています。決して日本人だけが包茎ではなく、
日本と海外の人も変わりはないとされています。
また、包茎=不潔、先天的不具合というイメージが日本人の男性には定着していますがこれも、最近では包茎が必ずしも悪い事ではないとみなおされています。(あくまで仮性包茎のことであって、重度の包茎は治療の必要があります)軽度の仮性包茎はむしろ海外に「ナチュラルペニス」という言葉があるくらいで、包皮が大事な役割を担っている研究結果も出ているので、包茎手術を決断する前に専門家の診断を受け適切な判断をしていただきたいです。

  • ABCクリニック大宮院で包茎治療を受けようと思っているあなたへ(TOPページ)


  • 包茎の種類について関連コンテンツ

    ABCクリニック大宮院で行なっている「露茎治療」は男性の見た目のコンプレックス解消だけでなく、包 ..... >> 続きを読む
     

    サイトマップ

    体力に自信あります